「超速」英語育成プログラム 藤永丈司 効果

 

たった7日間で英語のネイティブ脳を作る方法。

自分が英語を話せない理由がわかります。

詳細はこちらをクリック


ここで紹介するのは、


「英語が苦手な偏差値40の“落ちこぼれ”が、短期間でネイティブレベルの英語を話せるようになり、さらにはカリスマ英語講師にまでなってしまった英語習得法」


です。


つまり、ネイティブと会話するのに、勉強がデキる/デキないは関係ないということですね。実際、学校英語のような学習法はいっさい行いません。


また、最近流行の「聞き流すだけ」という学習法でもありません。「聞き流すだけ」では必ず壁にぶち当たり、英語を話せるようにならないからです。


英語を話せるようになるためには、脳の中に“英語回路”を作る必要があります。英語の音に自然に反応し、頭にイメージした内容を(日本語を介さずに)英語で言い表す“回路”です。


基本的には、赤ちゃんが言葉をおぼえるときのように音声から入る学習法でなければなりません。


ただし、大人の場合には“日本語回路”が既にあって、これが邪魔をするため、赤ちゃんと全く同じようにしても英語はペラペラにはなりません。


そこで、冒頭でふれた英語習得法が威力を発揮します。



7日間でネイティブ脳を作る
「超速」英語育成プログラム



元偏差値40のカリスマ英語講師とは、藤永丈司先生です。
(藤永先生は英検1級の他、初めてのTOEICで990点満点を取得されています。)


詳細はこちらをクリック


「超速」英語育成プログラムの特徴をあえて一言で表すと、


「勉強しないこと」


でしょう。単語や熟語、文法は勉強しない。リスニングも、従来の意味でのリスニング練習は行いません。


“勉強”ではなく、“ゲーム感覚のトレーニング”にハマるなかで、単語・熟語・文法などが感覚的に身についていきます。ここが重要なんですね。


ネイティブのように英語を話せるようになりたかったら、知識として英語を学んでもダメなんです。感覚として覚える必要があります。


日本人が日本語を話す場合も、文法なんか考えていないですよね。感覚的に不自然にならないようにしゃべっているだけだと思います。


「超速」英語育成プログラムでやることは、簡単で楽しいトレーニングです。でも、効果は抜群なんですね。ゲーム感覚で実践しているうちに、勝手に英語を覚えてしまうのです。


カバーする単語数は15,000語。英検1級に匹敵する語数ですが、「フラッシュバック法」という手法を用いることで、意外なほど楽に記憶することができます。しかも、知識として記憶しているのではなく、瞬間的に使える形で身についているのです。


たった7日間で、あなたの頭の中には“英語回路”の基礎ができあがります。当然、英語に対する“自信”みたいなものも芽生えてくるでしょう。そうなれば、しめたもの。英語学習が楽しくなるので、さらに上達が加速します。


詳細はこちらをクリック




藤永丈司先生の『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』の効果、口コミ、感想などの情報を公開しています。「超速」英語育成プログラムは大人の脳に英語回路を短期間で作る方法です。




30歳からできたラクラク英語マスター法 網野智世子 効果


「ネイティブ・イングリッシュ」 スティーブン 効果


トークるズ・英会話学習CD 柏木章 口コミ